亜鉛欠乏症とは? 亜鉛不足で起こる危険な体の症状



ダイエット
ダイエット




亜鉛欠乏症とは? 亜鉛不足で起こる危険な体の症状



亜鉛欠乏症は、

その名前の通り

亜鉛が不足して

欠乏することによって

引き起こされる症状
です。


亜鉛欠乏症の症状が辛い


亜鉛は体内で

合成することができないのですが、

食材から補給できるので、

毎日の食事で体内に補っています。





ただし、いくら亜鉛を

含有している食材であっても、

インスタント食品や

加工食品の状態になっていると

ほとんど入っていないので、



食生活によってはきちんと

亜鉛の補給ができていません






またストレスでも大量に

消費されてしまいますし、

アルコールを分解するためにも

使われるので、



補給と消費のバランスが取れていないと

亜鉛欠乏症になってしまう
ことが

あるのです。







亜鉛不足ではさまざまな症状が起こる



亜鉛が不足すると、

タンパク質の合成が衰えたり

細胞の分裂や再生が低下するため、



肌荒れや抜け毛、

爪がもろくなる
などの

症状があらわれます。





さらに免疫機能や治癒力の低下、

下痢、貧血などの症状も
あります。



こういった亜鉛欠乏症の症状は

比較的軽度のもので、

年齢や体の状態によっては

危険なものもあるので

注意しなくてはいけません。







亜鉛不足で起こる「味覚障害」



成人の代表的な

亜鉛欠乏症の症状は

味覚障害です。





味を感じなくなったり、

甘いものを苦く感じたりと

いうような症状が起こると、

好き嫌いが多くなりますし

食欲がなくなってしまうため、

栄養不足が引き起こされます。


亜鉛欠乏症で味覚障害になることもある


人間の体は栄養を摂取することで

健康な状態を保つことが出来るので、

味覚障害によって

栄養不足が起こると、

結果的に健康を損ねたり

病気になるリスクが高まります。







亜鉛欠乏症 男性への栄養



また、男性だと精子が減少したり

性機能が低下したりする
ため、

不妊症やインポテンツが

引き起こされます。







亜鉛欠乏症 女性への栄養



女性の場合は骨粗鬆症になったり、

妊娠中に亜鉛が欠乏すると、

細胞分裂が正常に行われないため

胎児の発育障害や、

ひどい場合だと奇形が

起こることが
あります。







亜鉛欠乏症 成長期の子供への栄養



成長期の子供に

亜鉛が不足してしまうと、

身長が伸びなかったり

体重が増えないなど

成長不良が起こりますし、


思春期だと性機能の低下によって

第二次性徴が遅れてしまいます。


亜鉛は赤ちゃんの成長にも大事



亜鉛欠乏症になったからといって

すぐに命に関わるような

症状はありません。



しかし、亜鉛が不足すると

成長に障害が出たり

健康な生活を送れなくなる
ので

亜鉛の欠乏には

気をつけなくてはいけません。





ちなみに…。健康や美容に必要な栄養素が

たっぷりとれる!!

みんなが選んでいる今話題の亜鉛サプリ

あなたはご存知ですか?

みんなが選んでいる亜鉛サプリはこちら