積極的に摂りたい亜鉛を多く含む食材はこれ!



ダイエット
ダイエット




積極的に摂りたい亜鉛を多く含む食材はこれ!


亜鉛を多く含む食材は
微量ミネラルである亜鉛は、

肉類や魚介類、豆類、穀類など

あらゆる食品に含まれている
ので、

3食きちんとした食事をしていれば

基本的に不足することはありません。





中でも、生牡蠣には

可食部100gあたり約13mgもの

亜鉛が含まれています。







毎日牡蠣を食べれば亜鉛は摂取できるけど…



亜鉛の1日の必要摂取量は、

成人男性なら12mg、

成人女性なら9mg
とされているので、

単純に言ってしまうと、

カキには1日分の亜鉛が含まれている

毎日牡蠣を食べていれば

十分に亜鉛を

摂取することができる


ということになります。





ただ、環境にもよりますし、

常識的に考えても

牡蠣を毎日食べることは

ありませんから、

他の食材から摂る

必要がありますね。






100gあたりで

亜鉛が多く含まれている食材は、


  • 塩辛 11.8mg

  • 煮干 7.2mg、

  • 豚レバー 6.9mg

  • いりごま 5.9mg

  • 和牛が5.7mg

  • 卵黄4.2mgなどになります。




どれも特別なものではないので、

こういった食材を積極的に

摂るようにするといいでしょう。







亜鉛は炭水化物にも含まれている



ちなみに、亜鉛が

含まれているイメージは

ないかもしれませんが、



ご飯には0.6mg、

食パンでも0.8mg

含まれていますから、

炭水化物からも

亜鉛は摂取できます






また、ピュアココアなら7mg、

まいたけが6.9mg、

プロセスチーズには3.2mg、

カニ缶4.2mgなど

意外な食材にも含まれています。





このように魚介や肉類に限らず

たくさんの食材に亜鉛は含まれている
ので、

栄養バランスの整った

食事をしていれば亜鉛をきちんと

摂取することができるのです。







日本人は慢性的な亜鉛不足



ですが、日本人の亜鉛の摂取量は、

平均だと男性が1日約8mg、

女性は約7mgという

調査結果が出ていることから

分かるように多くの日本人が慢性的に

亜鉛の摂取量が不足
しています。


お菓子の食べ過ぎは亜鉛不足を招く


いろいろな食材に含まれているのに

必要摂取量が摂れないのは、

もともとが亜鉛の吸収率が

悪いと
いうことに加え、



加工食品やインスタント食品、

スナック菓子などに含まれる

成分によって亜鉛の吸収が

阻害されてしまうからです。





ですので不足しないようにするには、

亜鉛が多く含まれている食材を

積極的に摂るのはもちろん、

サプリメントを併用することが

ポイントになる
のですね。





ちなみに…。健康や美容に必要な栄養素が

たっぷりとれる!!

広島の天然牡蠣由来の

今話題の亜鉛サプリ。

あなたはご存知ですか?

みんなが選んでいる亜鉛サプリはこちら